11月9日桜ライン植樹、炊き出し支援

秋の桜ライン植樹が行なわれました。

植樹班 秋田湯沢 三浦先生親子

     岩手花巻南 立花さん、佐々木さん

     岩手東山 伊藤先生

     ソニー  鈴木さん、湊谷さん

     サポーター toyo & ikumi

炊出し班 東京東陽町 末吉さん

       埼玉早瀬 大場さん

       埼玉入間 畠山、田内

 

総勢およそ100名のボランティアさんが全国から参加しました。

 

 植樹を始める前にセレモニー。

副代表の佐藤さんによる開会宣言。

代表の岡本さんのあいさつ。

そしてなぜか私にも一言と依頼がありましたので手短にご挨拶させていただきました。

 

桜ラインHPより
桜ラインHPより

炊き出し班

 

 今季1回目の会場は高田町「光照寺」。

 

今回の炊き出し班は全員桜ラインでの炊き出しは手馴れたメンバーなので心配する事はまったくありません。

おなじみのトン汁です。

 

 前回までは現地で材料を仕入れしてから下拵えするやり方だったのですが、早く植樹が終わって戻る人、植樹に出発したものの諸事情から諦めて戻る人たちに振舞えなかった事がありました。

 

 そこで今回からは現地入りする前日に下拵えを済ませてから運び込む方法に変えました。

 入間道院の女子拳士には稽古を休んで買い出し、下拵えをしてもらうことになりました。

 

 その分現地入りする前の一日作業が増えるわけですが、当日昼前には余裕を持って植樹を終えて帰ってきた皆さんに振舞う事が出来ました。

 

 

木々が色付きだした会場
木々が色付きだした会場
大型コンロの設置
大型コンロの設置
大鍋の設置
大鍋の設置
手馴れた準備
手馴れた準備
準備万端・・・
準備万端・・・

植樹班

 

セレモニーが終わったあと、植樹の仕方のブリーフィング。

植樹場所の確認をし、それぞれ指定場所へ出発します。

植樹班の面々
植樹班の面々

植樹が済んで続々と戻ってきます。

ブリーフィングが終わって植樹班が出発するのは11時30分過ぎ。

3時までには戻らなければならないので中には昼食を食べられなかった人たちもいたようです

炊出しには欠かせないメンバー
炊出しには欠かせないメンバー
植樹を終えたメンバーも炊き出し班に加わって
植樹を終えたメンバーも炊き出し班に加わって
植樹ボラさんも桜ラインスタッフにも・・・
植樹ボラさんも桜ラインスタッフにも・・・
残ったのはコップ一杯程度!!!
残ったのはコップ一杯程度!!!
全員で集合写真
全員で集合写真

ちなみにこの日の桜ライン植樹の模様が地方紙に紹介されていました。

東海新報にサポーターtoyo & ikumi 

そして岩手日報には 伊藤先生、立花さん、佐々木さんが

こんなボランティアもやります。

 

ちなみに今回の画像提供は東京東陽町の末吉さん、サポーターtoyo から提供していただいたものがほとんどです。