9月14,16日 埼玉行田道院

合掌

2013/9/14()-16()、埼玉行田道院として陸前高田チームのボランティア活動に参加させていただきました。当道院からは、島田道院長を筆頭に、秋山助教、長谷川さん、長谷川さんの長男の善光くん(小6)、向井の計5名での参加。我々が到着した9/14()の夕刻には、すでに埼玉入間道院 畠山先生、島田さん、三軒茶屋道院 上野先生、埼玉早瀬道院、ソニー支部の御歴々の方々(皆さまのお名前を記録しておりませんでした。失礼しました)が当日早朝に到着され、すぐに作業に入られていたとのこと。頭が下がります。

 

今回の日程では台風18号の影響が懸念されており、明日以降の作業がどうなることやらとは感じておりましたが、その時にはまだ気楽なものでした。翌朝、曇り空ではありましたが雨も降っておらず、何とか持ってくれればと思いつつ拠点を出発。聞けば社協管轄で運営されていたボランティアセンターはすでになく、現在ではNPO法人で運営する復興支援サポートステーションへ集合するとのこと。前回との違いや、行政の疑問点(社協は手を引いた?)を感じつつそちらへ向かい、諸団体の方々と合流しました。

 

作業の内容は、海沿いの古川沼でのご遺品、ご遺体の捜索活動とのこと。民間でのこのような捜索活動は認められていなかったのですが、今までの実績よりそのような活動を任せられるようになったのだそうです。畠山先生を中心に主要メンバーの方々の継続的なご努力が評価されてのことと思います。素晴らしいことです。

 

少林寺チームの主たる仕事は沼内の建物(松原トレーニングセンター)のからの瓦礫撤去や土砂出しなど。相変わらず少林寺にはハードなお仕事をお任せいただいているようです(笑)。我々行田道院には、建物屋上に乗り上がってしまっている瓦礫を地上に降ろし、その後、木材や金物などに分類してまとめるという役目をいただきました。小学生の善光くんの持った「なぜ屋上にこんなに瓦礫があるの?」などの素朴な疑問について皆で答え話しつつ、建屋の屋上にて学校では出来ない授業が繰り広げられる場面もありました。

 

全体の作業は2030分おきくらいに一度の休憩をとりながら進められます。実際作業をしていると、「また休憩?」と思うくらいの頻度です。しかしこれは、怪我などのトラブルを起こさないための配慮だそうです。大きな怪我などが起こるとそれだけ活動にマイナス影響がでます。当地の復興はまだまだ相当の時間が必要であり、そんな中、継続していくことこそが非常に重要。目的達成のために先を見る、そこに畠山先生やNPOの方々の目が行き届いているのだなと感じました。

 

午前中は若干雨がパラパラと振りましたが作業は順調に進み、お昼休みとなりました。ところが午後の部の開始時には雨足がかなり強まり、残念ながら途中で中止となってしまいました。作業が完遂できなかったことが非常に心残りですがしかたありません。サポステへ戻り道具の洗浄、後片付けをしている時には、大変な大雨となっていました。皆びしょ濡れの状態で少林寺の拠点に戻り、その後は恒例の玉の湯へ。冷えきった体が復活いたしました!

 

翌朝のニュースでは台風18号のことで持ちきりです。我らの地元付近でも突風の被害で大変なことになっている模様。不安を抱えつつ、帰路につきましたが、なんとか無事到着いたしました(他の皆さまもご無事で到着されましたでしょうか?)。

 

無論、今回の滞在中には、屋外での活動の他にも、室内での交流の場もございました!いろいろなお話を伺うことが出来ましたが、詳細はここでは割愛です。

 

但し一つだけ、

 「開祖であれば必ずここにいた」

   この言葉がとても印象的でした。

 

ここには拳士が学ぶべき多くのことがあります。

来なければならない理由があります。

一人でも多くの拳士が足を運ばれることを願っています。

 

最後に、畠山先生、お兄様ご夫妻、そしてご一緒いただきました諸先生方に心より感謝申し上げます。

 

我々もまた、必ず戻ってまいります。

その際には、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

結手

埼玉行田道院

向井基樹

 

 

復興SSにて
復興SSにて
古川沼内の建物屋上にて。 瓦礫がたくさん残っています。
古川沼内の建物屋上にて。 瓦礫がたくさん残っています。
瓦礫撤去作業中。屋上から全て地上に下ろします。 小学生拳士も一生懸命です。
瓦礫撤去作業中。屋上から全て地上に下ろします。 小学生拳士も一生懸命です。
拠点での交流会の一コマ。 陸前高田での活動のことなど、いろいろな話を聞かせていただきました。 室内は和やかな雰囲気ですが、外は台風18号の影響ですごい雨風が、、、
拠点での交流会の一コマ。 陸前高田での活動のことなど、いろいろな話を聞かせていただきました。 室内は和やかな雰囲気ですが、外は台風18号の影響ですごい雨風が、、、

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    伊藤昇市 (水曜日, 25 9月 2013 23:05)

    合掌。埼玉行田道院の皆様、ご苦労様でした。ボランティア活動も夕食も擦れ違いになってしまい失礼しました。又、高田チームに参加していただけるとの事、次回はゆっくりと語りましょう。再拝