7月20,21日

20日

 参加者 埼玉入間 畠山

       岩手東山 伊藤先生

       サポーター toyo, aniki

 

 梅雨の明けていない陸前高田は気温16度。予報は一日中曇り。

 

 この日のSSは200人越えのボランティアが終結していました。

私たちは岩手県大東町から来た高校生24人の団体と一緒に市街地跡の側溝泥だしを行なう。

 

 時間が経つにつれ青空が広がりだし、かなり気温も上昇。

 

 若い連中とはいえ慣れない作業に戸惑っていたが、道具の使い方、作業の仕方をアドバイスすると「はい!」「ありがとうございます!」と深く頭を下げながら応える。

 体育系の子供達はこちらが恥ずかしくなるほど従順だ。

 

地方大会で負けたばかりの高校生球児たち。

神妙な顔で作業していた球児たちは時間が経つにつれ笑顔も見られるようになっていく。

 もちろん野球の事は話題にしないようにこちらも一応気を使う。

 

 近くにトイレはないので一定時間ごとに声をかけ、私の車でトイレに連れて行く。

 初めて陸前高田に来たという子供もいた。

 

 短い時間だが街の説明をするとフリーズしてしまう者もいた。

 

 今は理解できなくてもいい。この街に来た事がきっとあなたの人生に必ず何かしら無駄でなかった事に気付かされる時が来ると思う。

 

 午後3時、活動を終了して帰るバスにSSのスタッフが手を振る。

 バスの球児たちも手を振る。

 他のボランティアたちも手を振る。

 

 見慣れた光景ではあるが、いつも新鮮だ・・・

 

 私たちも手を振る。

21日

この日は少林寺関係者は私のみ。

サポーターtoyo,anikiの3人。

つまりは畠山家のみの活動。

 

SSを離れて以前から依頼のあった広田町農家からの竹杭の調達。

田んぼや畑を獣害から守るネットを張るためだ。

 

元々はあったものだが海に持っていかれてしまった。

 

小友町で竹林を所有している方の山から切り出して運搬する。

 

およそ150本くらいか。

 

終わったわけではないがこの日の作業としては終了。

 

帰路につく。

 

※ 今回も両日、画像はありません。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    伊藤昇市 (火曜日, 23 7月 2013 22:00)

    合掌。aniki and toyoちゃんには本当に合掌です。それに、小友町の竹薮ではなく?、今では竹林になってきましたが色々利用価値がありますね!

  • #2

    銀鮎 (水曜日, 24 7月 2013 01:21)

    ま、竹薮ではありますけど、双方にとっていいことならそれでいいって単純な発想と行動です。
    地主さんや近隣の方々の了解を得れればまだまだあそこでやってみたいことはあります。
    おいおいと言う事で・・