3月2,3日

2日 桜ライン311植樹支援

 

昨年に続き、今年も後方支援の炊出しを行ないました。

 

参加者

埼玉早瀬 林先生以下6名。

東京三軒茶屋 斉藤さん、渡辺さん、笠島さん。

酒田中部 鈴木先生。

岩手東山 伊藤先生。

本部 藤井先生。

埼玉入間 畠山、田内、島田

サポーター toyo & takayuki

総勢17名。

 

天気予報は雨でしたが、桜ラインスタッフのテルテルボーズ作戦が功を奏したのか、時折雪は舞うものの雨はなし。

しかし、かなりの強風が吹きまくり、気温もかなり低くなりました。

 

私たちは調理班と設置班に分かれての作業。

 

事前に川の駅よこたで食材を調達。

拠点にて下ごしらえ。

その間に、設置班は会場でテントや調理器具のセッティングを行ないました。

 

そんな天候の中、午後1時を過ぎた辺りから植樹を済ませてボランティアさんたちが震えながら続々と戻ってきます。

 

あまりに強風が吹きまくるのと激寒の野外ではととも飲食できる状況ではありません。

 

当初、テント内で食べていただく予定でしたが室内に変更。

ただし、私たちは当然野外テント。

 

植樹ボランティアさんとスタッフ、およそ70名。

皆さんに食べていただきました。

 

画像では寒さも強風も写りませんが、皆さんの背中が丸くなっているのが、不謹慎ですが笑えました。

 

 

 

3日

 

2班に別れての活動。

 

1班はSAVETAKATAさんの依頼でケセンキョウドウボックス倉庫の移転。

参加者

埼玉早瀬の若手3名

埼玉入間 島田

サポーター toyo

 

作業中の画像がありません<m(__)m>

埼玉早瀬の若人さんすみません。

SAVE TAKATAさんの画像にリンクさせてもらってご勘弁を。

 

 

そしてもう1班

埼玉早瀬 林先生、藤本さん、ともう1人(失念!)

サポーター takayuki

本部 藤井先生

埼玉入間 畠山、田内

 

9日植樹予定地に塩害で枯れた杉の木があります。せっかく植えた桜の苗木が倒木でつぶされないように事前に切り倒します。

 

埼玉入間の道場長 田内さん、昨日は料理長、今日はきこり。

チェーンソーを持ったときの方が包丁を持った時より活き活きしているように見えるのは、気のせいではない様に思います。

ここには10本の桜が植えられます。

竹薮の中にはたくさんの椿がありました。ケヤキの大木もあります。

 

地権者さんと話しをしているうちに桜植樹場所の確保から、ここを桜の名所にしようと話は拡大。

山全体を整備する事になりました。

 

岩を抱き込んだケヤキの前で記念写真。