2月2日追加

2日午前中の活動報告が漏れていました。

 

午前中は復興SSの作業を個人参加のボランティアさんと共に小友町両替漁港で作業小屋周辺の整地作業を行ないました。

リーダーは私に託されました。

 

この作業小屋は補助金で建てられたものだそうでもちろん業者が施工したものです。

高台の一部を造成したところに建てられたものですが業者さんの役割は建物を立てることと、その周辺1メートルの整地することだそうです。

 そんな訳でそれ以外の平地と法面は造成されただけで土がむき出しのままです。

 

この平地の部分に砕石を一輪車で運びあげ整地するのですが砕石置き場と作業小屋との高低差は3メートルほどあります。

寒さで凍てついた砕石をツルハシで砕き一輪車に積んで坂道を押し上げる・・・

 

現地状況を見て途方にくれ掛けましたがやるしかありません。黙々と作業が始まりました。

 このときの個人ボランティアさんのほとんどが社協災害VCからの顔なじみでもあります。短時間で作業工程を話し合い作業分担をし、すぐさま連携のとれた作業が開始されました。

見事なチームワークでした。

 

しばらくするとこの様子を見るに見かねたのか作業小屋で娘さん?と室内塗装をやっていた漁港の方が軽トラを用意してくださいました。

 

これで一気に作業が進み、一日では終わらないだろうと思っていた作業が昼に完了することとなりました。

 

昼飯を各自でとった後、個人ボランティアさんたちと別れて私たち少林寺拳法チームは桜ラインの植樹予定地に活動場所移す事が出来ました。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    岩手東山町 伊藤  (木曜日, 07 2月 2013 09:52)

    合掌。先日はご苦労様でした。少林寺拳法高田チームの3人の活動の連携はあ・うんの呼吸です・それに個人ボランティアの牧野君・新川君・福井県の松本さん・茨城県の方も前から同じチームのように自分の役割を淡々と実行されていました。依頼された方の思いを汲み取り、ひとつのチームとして効率よく予定よりも早く午前中に完了できました。一人ひとりに感謝いたします。再拝