1月19,20日

1月19日(日)

 

新生復興支援団体「陸前高田市復興サポートステーション」下での活動。

 

陸前高田チームの宿泊所は冬季閉鎖中ですがボランティア活動は継続しています。

19日(土)は岩手東山 伊藤先生、サポーターtakayuki,埼玉入間 畠山の3人。

 

活動場所は気仙町字町、陸前高田市復興SS周辺の側溝泥出しです。

この時期になると地面も側溝も表層が凍土と化します。ツルハシさえも跳ね返すほどで2月3月となるとますますその厚みが増していきます。

 

この日の側溝は10cm程度ですが作業効率を上げるため電動のピックも使用しました。

1月20日(日)

 

土曜の続きの作業と思っていたら復興SS周辺の草刈りというオーダーでした。まさかこの時期に草刈りとは予想していなかったので刈り払い機の準備はしていなかったので住田チームが使用していた機材を借りて作業することにしました。

 

いくら慣れてはいるといえ3人でやるには少々範囲が広い!

休憩時間を短縮してどうにか予定範囲を刈り終えることが出来ました。

ほっと一息ついたところでまたしても画像の記録をしなかったことに気づきました。

 

3時で活動終了後、まだ十分な体制が出来ていない復興SSの資材等の移動などを行いました。

 

その後一緒に活動した個人参加の方々と復興SS代表の伊藤さんとスタッフで今年最初の集合写真を撮って解散しました。