7月7日(活動中止)、8日(米崎町)

埼玉入間道院 島田さんからリポートが届きました。

 

 

7月6日夜から8日にかけて第5 入間市少林寺拳法連盟 陸前高田復興支援ツアーに行きました。

入間市少林寺拳法連盟以外の参加者を加え15名

 

入間藤沢道院   森本道院長、高野副道院長、鈴木拳士

東金子道院    長島副道院長

埼玉入間道院   佐々木拳士、吉田拳士

川越道院     小池拳士

蕨スポーツ少年団 山本拳士

城西大学     井筒拳士

一般から     井上さん、中村さん、道江さん、一丸さん、金田君

 

7日の朝に岩手東山の伊藤先生と合流したものの、天候はあいにくの雨。

活動に行く準備を着々と進めている最中に、ボラセンから中止の連絡。

大半のメンバーは平泉へ向かい、中尊寺に行きました。

ボランティアに来たのにという思いを若干抱えつつ、中尊寺を回りました。

 

午後は陸前高田道院が練習中ということで、練習に参加させて頂きました。

急に大勢で押し掛け、道衣も着ないで参加したにも拘らず、楽しく練習をさせてもらい、有意義な時間を過ごせました。五日市先生、陸前高田道院の拳士達、ありがとうございます。

 

 

8日は天候にも恵まれ、前日に鋭気を養った一行は米崎町の個人宅へ行きました。

作業内容は畑作り。伊藤先生と小池拳士は草刈り機を、佐々木拳士はチェーンソーを巧みに操り、他の人たちは鍬などを持ち作業をしました。普通は疲れてきて段々と作業のペースが落ちていくはずなのに、段々とペースが上がっていく。途中で作業内容があったものの、最後の30分はかなりのペースで作業をしていました。

 

作業場所は海から近いということもあり、作業中は暑いものの陽が隠れると風が涼しく気持ちいい場所でした。

 

6回の日程は未定ですが、ここをご覧のあなたと陸前高田で逢えることを楽しみにしています。

                                 埼玉入間 島田

 

 

宅地跡の細かいガレキ撤去と周辺の草刈

my刈払機を常時携えている伊藤先生の機械操作技術は神業

シンガーソングライターyukinoさんも仲間としてボラ活参戦。

捩り鉢巻姿のyukinoさんの姿に本気度を伺い知る。

 

活動終了後間もなく取り壊しになる陸前高田中心街にある建物を尋ねる。来月にはこの建物は姿を消すことになるかもしれない。

 

 この建物には千葉県少林寺拳法連盟副理事長の息子さんの生前の写真がある。

この建物の解体と共になくなるのかもしれない。陸前高田で津波の犠牲となった井形さんに全員で合掌する。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    岩手東山道院・伊藤昇市 (金曜日, 13 7月 2012 18:53)

    合掌。入間市少林寺拳法連盟の皆様先日は同行させていただき有難うございました。高田道院では若い島田拳士と相対で稽古が出来ることができました。yukinoさんとも交流がもてました。ボランティア活動ではラスト30分の変更で想定外のスコップ作業で昔のぎっくり腰がぶり返し月曜日まで大変でした。森本先生は大丈夫でしたか?再拝